医療と介護求人

023_640

グループホームや訪問介護等の介護求人では医療を行う権限がないことを覚えておきましょう。介護というのはあくまでもご家族の名代もしくはパートナーとして、ご利用者さんの生活の支援を行うものです。訪問看護では研修を受けたヘルパーがたん吸引を行うことができるようになったのですが、現場からは不安の声が上がっているようです。

本来グループホームの介護求人の仕事は比較的認知症が軽度の方で医療が必要ない方が相手です。ですが、少子高齢化のあおりを食って人が足りないので、本当は医師の指導の下に公的資格がある準看護師および正看護師が医療、褥瘡処置、点滴交換、尿道カテーテルの交換も行います。浣腸なども本来は免許がないとできません。

ですが、ご利用者さんの生活の能力は徐々に落ちていきます。どうしても医師や看護師がいない状態でのケアは、訪看さん、訪問看護師の手助けが必要です。他に作業療法士も関わります。介護求人の仕事とこうした人達の仕事は違うものです。たまに張り合ってしまう人がいますがそれはご利用者さんの不利益になります。

介護求人では仕事の区分がはっきり決まっています。人がいないときには簡単な処置なども許されますが、越境してしまうのは問題です。他の職種の方がどういう仕事をしているか理解するのも大切なことなのです。介護のことだけ考えるのではなく、他のことも学ばないとただの世間知らずになってしまいます。福祉系の人はそういう方が多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です