介護求人をどこで探すか

介護求人をどこで探すかは人によって違います。人の紹介で入職する方も多いです。私もボランティアで通っていた障碍者施設で利用している人や職員に気に入られていたので仕事をしないかと言われたことがあります。知人が福祉系のアルバイトを紹介してくれようとしたこともあります。コネを使うのも有用です。辞めにくくなりますが。意外とヘッドハンティングが多いのが介護士求人をはじめとする福祉の仕事です。

後は、求人誌、インターネット、職場の張り紙、新聞の折り込み広告なども介護求人を探すときの主たる媒体です。インターネットではエージェントが新卒、転職等をする人のサポートもしますので、ひとりでは心もとない方はそこを利用しましょう。無料で面談や面接の同伴、入職後のケアもしてくれます。

どの媒体でも、介護求人の募集人数や期間は決まっています。気になったものがあったらエントリーしておくといいでしょう。

介護求人に応募するときには自分がどういう形の申し込みがいいのかという事を考えましょう。私は電話やインターネット上のメールで申し込みます。以前していた仕事がコールセンターでしたので立て板に水、文章も同じ口調なので印象が良くなります。

定型文の会話はすぐできます。逆にこういうことが苦手な方は必要事項を記入するだけでいいエントリーの仕方が良いでしょう。自分の気質に合った申込みをしてみましょう。苦手なことは回避しておいた方が、介護求人を探すロスが減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です