はじめに

043_640
介護求人はこれから伸びてゆく領域です。でも、今介護を志す皆様、ご自分がどういう形で介護に携わっていくかお考えですか。介護求人というと、ヘルパー2級、社会福祉士なども関与します。他に医師、看護師、カウンセラー、薬剤師、介護求人と言っても様々な仕事があります。

介護求人の現場も訪問看護、グループホーム、老健、ホスピス、デイケア等様々です。私がいたのはグループホームです。9人1ユニットで、家と同じように過ごしていただきます。

訪問介護をしている方に楽でしょうと言われましたが、現実はそうは甘くないのです。本当は認知症の方しか入れないのですが、今は病院の療養型病棟が開いていないので、こうした施設に心の病気の方をいれてしまうこともあります。

どのような仕事をするにも高齢者の介護求人に応募するときには覚悟を決めてください。お相手といつか別れないといけない日が来るということです。看取り事案、要は亡くなるときに立ち会うこともあります。一般的にはグループホームでは、医療が行えません。ですが、訪問看護や地域の医師の力を借りてホームで看取ることもあるのです。非常に辛い時間です。ですが、次には他のご利用者さんが待っています。介護求人を見つけても、この離別に耐える覚悟がないと務まりません。

介護求人に応募するときに必要なことは何でしょうか。技術や知識ではありません。体力と根性です。高齢の方は、自分が体が動かないということを受容できません。

ご家族もです。現場によっては暴言や暴力が多く理想の介護ではないと辞めてしまう方がいます。でも、その裏側は自分を認めてほしいということです。

人様のお役にたちますと大上段に構えるのがいい職場とおっとりゆっくりしている方がいい職場があります。介護求人はインターネット、新聞広告、求人情報紙で見ることができますので、職種は確認しましょう。夜勤があるかないかも大切です。薄給の代表格ですので夜勤手当は貴重な収入源です。